FUJIKYOWA 富士共和製紙株式会社
トップページへ 会社案内 製品案内 環境への取り組み 採用情報 お問い合せ 紙見本帳請求
回収・リユースへの取り組み
コースター用紙やファイル用紙など印刷加工工程で発生する古紙を再原料化しふたたび加工先に納入しています。また、地方自治体より持ち込まれた回収新聞古紙を原料としてファイル用紙として再生供給するなどの「クローズド・リサイクル」にも積極的に取り組んでいます。
水への取り組み
私たち、富士共和製紙が生産活動で使用している用水の殆どは富士山の復流水を使用しています。雄大な富士山という自然の恩恵から得られた貴重な水資源を、出来る限り環境負荷を軽減しもう一度自然に戻す。その為の取組みとしてPCクラリファイヤー設備を古くから導入し、岳南排水路を利用し水処理を行っています。

廃棄物への取り組み
製紙産業における主たる廃棄物であるPS(ペーパースラッジ)に関して、当社は岳南第一製紙共同組合の組合員という立場から廃棄物の有効活用やPS由来の様々な資源開発に積極的に参画し、取り組んでおります。
連携におけるゼロエミッション企業を目指して。
排出削減の取り組み
平成18年7月 A重油を燃料に使用するボイラーシステムから天然ガスを燃料に使用するボイラーシステムに設備変更しました。
これによりCO2排出を30%、Nox排出を50%削減しました。さらにSoxについては排出量ゼロを達成しました。
省エネへの取り組み
平成21年1月 本社事務所棟1階の蛍光灯器具を省エネ型に変更しました。これにより従来タイプに比べ消費電力を50%削減しています。
ページのトップへ